アスミールの全成分から身長を伸ばす効能がある成分を厳選してご紹介します。

成分の効能を見れば身長が伸びる根拠がわかると思いますよ。

それではまずはアスミールの全成分をご紹介していきます。

アスミールの成分で副作用が心配でこちらの記事にたどり着いた人はこちらを御覧ください。

アスミールの副作用があるのか?確認しなきゃ危険!

アスミールの全成分から身長を伸ばす効能がある成分紹介

グラニュー糖、ココアパウダー、ドロマイト、乳糖果糖オリゴ糖、植物性ミネラル(ごま由来)、亜鉛含有酵母、カゼインカルシウムペプチド、粉末状大豆たん白、煮干しパウダー、コラーゲンペプチド、黒酢エキスパウダー、精製ナットウ菌培養物、メロンプラセンタ(胎座)エキスパウダー、DHA含有精製魚油粉末、未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、ビタミンE、ナイアシン、香料、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、L-アルギニン、ビタミンD、ビタミンB12、(原材料の一部に乳成分、ゼラチン、大豆を含む)

こちらがアスミールの全成分になります。成分表を参照しています。

その中でも子供の身長を伸ばす効能がある・そのサポートをしてくれる成分を厳選してご紹介します。

全成分の中でも身長を伸ばす効能がある成分が以下の6つになります。

  • アルギニン
  • プラセンタ
  • 亜鉛
  • トリプルカルシウム
  • CPP
  • ビタミンD

アルギニンの身長を伸ばす根拠

なぜアルギニンには身長を伸ばす根拠がある成分と言えるのか?

 

それはアルギニンは成長ホルモンの分泌を促してくれる成分だからです。

 

でもなんで成長ホルモンの分泌を促してくれることで身長を伸ばす根拠になるのか?

これは骨の成長の仕組みと深く関係しています。

骨の両端には骨端線という軟骨がありその周辺に骨の元になる細胞が豊富にあります。

この細胞は成長ホルモンによって新しい骨を生成します。

骨が生成されることで身長伸びるのでアルギニンは身長を伸ばす根拠がある成分の1つなんです。

しかもデンマークで3年間調査した結果アルギニンの摂取量が少ない子と多い子ではアルギニンの摂取量が多かった子供の身長の伸びが大きかったという結果が出ています。

亜鉛の身長を伸ばす根拠

亜鉛の身長を伸ばす根拠ですがそれは亜鉛は成長ホルモンを生成するときに必要になるタンパク質の合成をサポートする働きがあります。

そのため成長ホルモンを作り出すためには必要不可欠なタンパク質の合成をサポートするので結果的に成長ホルモンの分泌量が増えて身長を伸ばす手助けをしてくれる成分になります。

亜鉛は体内で生成することができない成分なので食事など外から積極的に摂り入れる必要があります。

特に子供は亜鉛不足に陥りがちですので注意してください。

プラセンタの身長を伸ばす根拠

美容成分というイメージがあるプラセンタですが、プラセンタにも身長を伸ばす根拠があります。

上記で成長ホルモンを生成するにはタンパク質が必要と言いましたね。

タンパク質以外にはアミノ酸が成長ホルモンの生成には必要になります。

プラセンタにはアミノ酸、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれていることで有名でもあります。

成長ホルモンの生成に必要なアミノ酸が豊富に含まれているの成長ホルモンを多く作り出すことができるので身長を伸ばす効果があると言えます。

トリプルカルシウムの身長を伸ばす根拠

アスミールに含まれているトリプルカルシウムとは、ドロマイト、魚骨燃成カルシウム、胡麻ミネラルの3つを総称してトリプルカルシウムと表現しています。

この3つのカルシウムがどのような身長を伸ばす手助けをしてくれるのご紹介していきます。

ドロマイト効果

ドロマイトはカルシウムの吸収率が一番高くなる比率でカルシウムとマグネシウムが含まれています。

そもそもカルシウムは吸収率が非常に悪く、食事等で摂取したカルシウムは10~50%しか吸収されません。

ドロマイトは吸収率の悪いカルシウムの吸収率を高めてくれる作用があります。

魚骨焼成カルシウムの効果

魚骨燃成カルシウムはカルシウムサプリメントなどに使われている炭酸カルシウムよりも骨ねの吸収率が高いことが証明されているカルシウムになります。

そのため、カルシウムの中でも吸収率が良いです。

胡麻ミネラル

カルシウムの吸収率を下げる物質を取り除いたものが胡麻ミネラルになります。

吸収率を下げる物質を取り除いているためカルシウムの吸収をサポートしてくれます。

 

 

でもカルシウムが身長を伸ばすのに大切なのって一昔前の話じゃないの?と思ったあなた。

牛乳を飲めば身長が伸びると昔は言われていましたよね。

今では牛乳をたくさん飲んでも身長は伸びないってテレビなどでも言われています。

身長は伸びないけど、骨は丈夫になる。

 

ですがカルシウムは身長を伸ばすうえで重要な成分なんです。

骨の両端には骨の元になる細胞が豊富にあり、成長ホルモンが分泌されることでその細胞が新しい骨になって、骨が伸びることで身長は伸びます。

新しい骨を作る際にカルシウムは必要不可欠なものになるので結果的に身長を伸ばすためにはなくてはいけない成分なんです。

CPP(カゼインホスホペプチド)の身長を伸ばす根拠

CPP(カゼインホスホペプチド)の効果の効果はカルシウムの吸収率を高めてくれることです。

なぜカルシウムが吸収率が悪いのか?それはカルシウムを食事で摂取してもそのまま吸収される訳ではなく食物繊維などと結合してしまい体内で吸収できくなってしまうからです。

CPPは上記のような食物繊維などの他の成分とカルシウムが結合しないようにしてくれます。

ビタミンDの身長を伸ばす根拠

ビタミンDの身長を伸ばす根拠ですがカルシウムの吸収率を高めてくれるからです。

アルギニンなどの成長ホルモンの分泌を促してくれる成分を摂取しても新しい骨を作るために必要なカルシウムの吸収率が悪いとしっかり新しい骨ができません。

そこでビタミンDを摂取することでカルシウムの吸収率を高めて新しい骨を作ってくれます。

でもビタミンDは日光に浴びないと体内で生成できなく、食事からもなかなか摂取しずらい難点があります。

終わりに

アスミールの全成分とアスミールの身長を伸ばす根拠がある成分を厳選してご紹介しました。

身長を伸ばしてくれる成分がしっかり配合していますし、中でもアルギニンが配合しているのはおすすめできるポイントの1つになります。

全ての成分の効果などを紹介していませんが、上記で説明した成分だけしっかり理解していれば問題ありませんよ!

 

おすすめの記事