アスミールとセノビックではどっちが身長を伸ばす効果が高いのか?

子供の成長応援飲料で失敗しないためにもこちらでアスミールとセノビックを徹底比較していきたいと思います。

それでは早速ご紹介していきますね。

結論:アスミールを買うことで失敗しない

先に結論からですがアスミールを買うことで失敗しないと私が調べて比較して思いました。

アスミールの方が成分的にも身長を伸ばす効果が高いと言えます。

なのでアスミールとセノビックどっちがいいのか?と疑問に思う方はアスミールを購入することで失敗は減りますよ。

ではなんでアスミールの方が身長を伸ばす効果が高いのか?さらにアスミールの方が失敗しないのかについて以下で詳しく解説していきます。

アスミールとセノビックの比較

それはは重要な項目だけ比較していきますので味などは比較対象から外していますのでご了承ください。

まずは成分の比較になります。

アスミールとセノビックの成分比較

アスミールの全成分

グラニュー糖、ココアパウダー、ドロマイト、乳糖果糖オリゴ糖、植物性ミネラル(ごま由来)、亜鉛含有酵母、カゼインカルシウムペプチド、粉末状大豆たん白、煮干しパウダー、コラーゲンペプチド、黒酢エキスパウダー、精製ナットウ菌培養物、メロンプラセンタ(胎座)エキスパウダー、DHA含有精製魚油粉末、未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、ビタミンE、ナイアシン、香料、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、L-アルギニン、ビタミンD、ビタミンB12、(原材料の一部に乳成分、ゼラチン、大豆を含む)

セノビックの全成分

ミルクココア味:グラニュー糖、ココアパウダー(ココアバター10~12%)、麦芽糖、乳糖、ミルクペプチド、卵黄ペプチド、植物油脂、卵殻カルシウム、香料、ビタミンC、ビタミンE、ピロリン酸鉄、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2

見た感じアスミールの方が成分が多く配合しているのがわかると思います。

ですが注目するのはそこではなく、アルギニンの有無になります。

子供の身長を伸ばすためにはアルギニンが重要になります。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進する働きがあり身長を伸ばすのにはなくてはならないホルモンなんです。

そのアルギニンがアスミールには含まれていセノビックには含まれていません。

ですので身長を伸ばす効果が高いのはアスミールということになります。

アスミールとセノビックの栄養素比較

こちらの比較では栄養素を比較していきます。

アルギニンだけでなくその他栄養素も重要になってくるため比較しています。

以下が1日に摂取できる栄養素の種類と量になります。

アスミール(1日6g) セノビック(1日16g)
エネルギー 21.4kcal 63kcal
たんぱく質 0.29g 1.2g
脂質 0.35g 1.1g
炭水化物 4.28g 13g
ナトリウム 5.8mg 0
ビタミンD 3.8μg 2.8μg
カルシウム 488mg 260mg
マグネシウム 75.5mg 0
6.4mg 6mg
亜鉛 2.1mg 0
アルギニン あり なし

 

必要な栄養素はアスミールの方が全体的に多いです。

特に上記でも説明したアルギニンが含まれていますし、新しい骨を作るカルシウムも約2倍アスミールには含まれています。

さらにカルシウムの吸収率を高めてくれるマグネシウムがアスミールには含まれています。

ビタミンDもカルシウムの吸収を高めてくれる成分でアスミールの方が多く含まれています。

それでいてカロリーもアスミールの方が低いのでかなり優秀だと言えますね!

詳しいアスミールの成分についてはこちらを御覧ください

アスミールの全成分からわかる身長を伸ばす根拠

アスミールとセノビックの値段比較

次はアスミールとセノビックの値段の比較になります。

アスミール セノビック
通常価格 4102円(送料無料)1袋180g 2160円(送料無料)2袋224g×2
定期コース 初回500円(送料無料) 初回1944円(送料無料)
2回目以降 3686円 2160円(送料無料)

値段はセノビックの方が安いです。

アスミールはセノビックに比べると高くなってしまいますがそれ相応の成分が含まれているので仕方がないと言えば仕方がありません。

でも値段だけで比較するとセノビックが有利になりますね。

どちらを選ぶかはあなた次第ですので値段と効果の両面で比較することが重要になります!

アスミールとセノビックの安全性比較

アスミールとセノビックではどちらが安全性が高いのか?

どちらも子供に飲ませるものなのでここは譲れない項目になりますね!

効果が高いけど、安全性がいまいちだとちょっと怖いですからね。

以下が危険性が疑われる成分になります。

アスミール:香料

セノビック:香料、合成油脂、甘味料

アスミールにもセノビックにも含まれている食品添加物の一種である香料。

香料は食品添加物ということで危険性がある!と思っている親御さんも少なくありません。

ですが香料は匂いをつける成分で匂い付けに使われるためごく少量しか含まれていません。

少量を毎日摂取しても体に与える影響は極めて少ないとされている香料。

そのため安全性は確保されているので問題なしです。

 

次はセノビックに含まれている合成油脂ですが、マーガリンやショート人などの材料に使用されています。

トランス脂肪酸が多く含まれていて発がん性があると言われています。

そのためあまり摂取するべきものではありません。

 

セノビックに含まれている甘味料ですが、セノビックに含まれている甘味料はステビアと言われている甘味料で安全性に関するデータが十分ではないため子供や妊婦の方は多量摂取を避けるべきものです。

日本ではごく当たり前に使用されていますが、海外では使用を禁止している国もあります。

 

 

このようなことからわかるようにアスミールの方が安全性が高いことがわかっていただけると思います。

ですので長期的に飲ませるならアスミールが優秀ですし、成分が気になる親御さんにはアスミールが選ばれています。

さらに詳しいアスミールの副作用はこちら!

アスミールに副作用はあるのか?

アスミールとセノビックの効果比較

成分比較でも紹介していますが、効果についてもう一度比較していきます。

アスミールにはアルギニンという身長を伸ばすサポートをしてくれる成分が含まれています。

セノビックにはボーンペップという身長を伸ばすサポートをしてくれる成分が含まれています。

アルギニンについては割愛します。

セノビックに含まれているボーンペップですが成分表では卵黄ペプチドと表記されていて、

ボーンペップの効果に関しては骨に作用し、身長を伸ばしてくれます。

アスミールは成長ホルモンの分泌に作用するので両者はこのような効果の違いがあります。

最後に

最初に結論で申し上げたようにアスミールを購入するべきだと私は思います。

成分からも安全性からも効果から見ても優れているので!

お財布に優しいのはセノビックですのでそこまでお金をかけられないって親御さんはセノビックが経済的で続けやすいのは事実です。

でも子供の成長期は1度しかありませんので、その1度の成長期にあなたが何をしてあげられるか?

何をしなくてはいけないのか?もう一度しっかり考えるべきです。

あとから後悔しても過ぎてしまっては何もできませんので。。。

おすすめの記事